角度アイコン
勾配と角度の相互変換ツール
傾きを表す勾配(%・‰)と、角度の単位である度(度数法)・ラジアン(弧度法)を相互に変換するツールです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ツールの使い方
WEBブラウザ上で動作する、勾配と角度を相互に変換するツールです。

まず、上の欄に変換したい勾配もしくは角度を入力します。
入力が終わったら中段の「変換」ボタンを押してください。
すると、下の欄に変換後の値が表示されます。

勾配とは?

勾配とは、坂や建物などの「傾き」を表す単位です。
単位記号は「%(パーセント)」もしくは「‰(パーミル)」。
勾配は「水平方向の長さに対して垂直方向の長さがどの程度変動するか」を比率で表したもので、 10%の勾配とは「水平距離100で高さが10変動する傾き」を表し、10‰の勾配とは「水平距離1000で高さが10変動する傾き」を表しています。

勾配の計算方法

勾配(%) = 垂直方向の長さ / 水平方向の長さ * 100
勾配(‰) = 垂直方向の長さ / 水平方向の長さ * 1000
[例] 水平距離10メートルで2メートル高くなる坂の勾配を求める
勾配(%) = 2 / 10 * 100
     = 20

勾配(‰) = 2 / 10 * 1000
     = 200

よって水平距離10メートルで2メートル高くなる坂の勾配は
20% または 200‰
関連コンテンツ
ラジアンと度の相互変換ツール
角度を表す単位である「度」と「ラジアン」を相互変換するツールと変換計算式の解説。
アクセスランキング