オンラインイメージエディタ
画像を白黒・モノクロ(グレースケール)にする
読み込んだ画像や写真を白黒・モノクロ(グレースケール)に加工するするシンプルなツール。
WEBブラウザ上で動作するのでインストール不要。スマートフォンにも対応。

画像をグレースケールにする方法

まず最初にグレースケールにしたい画像や写真を読み込みます。
編集したい画像ファイルを直接キャンバス内にドロップすると、画像ファイルを開くことができます。
編集する画像をドロップ
メインメニュー、もしくはキャンバス下部にあるファイル選択ボタンからも画像を読み込むことができます。
編集する画像を読み込む

色の変換方法を設定する

画像の読み込みが完了したら画像の色をどのように変換するかを設定します。
設定が完了したら、「変換する」ボタンを押して画像の色を変換します。
画像のグレースケール変換
変換色 画像をどのような色に変換するかを設定します。グレースケール・セピア・その他、の3つから選択できます。
最も明るい色・最も暗い色 変換色に「その他」を設定した場合、ここに設定された色で画像をグラデーションにします。
色数 画像で使用する色の数を設定します。通常(フルカラー)・5色・2色、の3つから選択できます。
モノクロ加工の種類
上の画像は左から順に元画像・通常・5色・2色です。
明るさの調整 画像の明るさを調整します。数値がプラスだと画像が明るくなり、マイナスだと暗くなります。

編集した画像を保存する

編集が終わったら画像を保存します。
キャンバスに表示されている画像をWEBブラウザのメニューより直接保存してください。
画像の保存
メインメニューより保存することもできますが、一部ブラウザでは機能しないことがあります。
画像の回転の詳細設定

画像の保存場所

画像の保存先は選択できる場合もありますが、選択できない場合の保存先はwindowsの場合はダウンロードフォルダ、Androidの場合はブラウザのdownloadフォルダ、といった感じで環境ごとに異なります。
どこに画像が保存されたかわからない場合は、WEBブラウザのダウンロード履歴を調べてみましょう。

画像データの取り扱いについて

この画像加工ツールは画像処理を利用者の端末内で行っており、読み込んだ画像を外部に送信することはありません。
ですので、画像の内容がサーバーに記録されたり、外部に漏洩したりという心配はありません。