オンラインイメージエディター
画像の切り抜き・切り出し
WEBブラウザ上で動作するシンプルな画像編集ツール。
画像の画像の一部を切り抜き・切り出しします。

画像を切り抜き・切り出しをする方法

まず最初に切り抜きたい画像や写真を読み込みます。
編集したい画像ファイルを直接キャンバス内にドロップすると、画像を開くことができます。
編集する画像をドロップ
メインメニュー、もしくはキャンバス下部にあるファイル選択ボタンからも画像を読み込むことができます。
編集する画像を読み込む

画像の切り抜き・切り出し範囲を設定する

画像の読み込みが完了したら画像を切り抜く範囲を入力します。
設定が完了したら、「選択範囲を切り抜く」ボタンを押して画像を切り抜きます。
画像の切り抜き
左上の座標 画像を切り抜く範囲の左上の座標を設定します。
範囲 左上の座標を基準として、画像を切り抜く範囲の高さと幅を設定します。
選択範囲を切り抜く ボタンを押すと、画像の選択された範囲を切り抜く処理をおこないます。

編集した画像を保存する

編集が終わったら画像を保存します。
キャンバスに表示されている画像をWEBブラウザのメニューより直接保存してください。
画像の保存
メインメニューより保存することもできますが、一部ブラウザでは機能しないことがあります。
画像の回転の詳細設定

画像の保存場所

画像の保存先は選択できる場合もありますが、選択できない場合の保存先はwindowsの場合はダウンロードフォルダ、Androidの場合はブラウザのdownloadフォルダ、といった感じで環境ごとに異なります。
どこに画像が保存されたかわからない場合は、WEBブラウザのダウンロード履歴を調べてみましょう。