モノクロ画像加工ツール
モノクロ画像加工ツール
読み込んだ画像や写真をモノクロ(グレースケール)に加工するするシンプルなツール。
一応スマートフォンでも動作します。

画像・写真をモノクロに加工する方法

まず最初にモノクロにしたい画像や写真を読み込みます。
モノクロ加工する画像を読み込む
ツール上部のファイル参照ボタンを押してダイアログから画像を選択する、もしくは画像を直接ツールにドロップしてください。
画像を読み込むとと自動的に画像処理が行われます。

なお、スマートフォン等のモバイル端末では、800ピクセル以上の画像は強制的に800ピクセル以内に収まるよう縮小されるので注意してください。

画像の編集方法を設定する

ツール下部の編集オプションを使うことで画像の色数や明るさを調整することができます。 モノクロ加工の詳細設定
画像表示 編集中の画像はデフォルト時には画面に合わせて縮小表示されますが、原寸大の画像表示に切り替えることもできます。
色数 モノクロ加工する時に使用する色の数を指定します。
通常(フルカラー)・5色・2色の3タイプから指定できます。
モノクロ加工の種類
上の画像は左から順に元画像・通常モノクロ・5色モノクロ・2色モノクロです。
明るさ調整 画像の明るさを調整します。
スクロールバーで調整量を設定してバーの右側にある変更ボタンを押すと画像の明るさが変化します。
スルクロールバーは左にスクロールさせると画像が暗くなり、右にスクロールさせると明るくなります。
リセット 編集内容をすべてリセットし、画像を最初の状態に戻します。

加工した画像・写真を保存する

編集が終わったら画像を保存します。
画像を保存ボタンを押す、もしくは画像の上でマウスを右クリックし、ブラウザのメニューより画像を保存してください。
画像の保存
なお、画像の保存先は選択できる場合もありますが、選択できない場合の保存先はwindowsの場合はダウンロードフォルダ、Androidの場合はブラウザのdownloadフォルダ、といった感じで環境ごとに異なります。
どこに画像が保存されたかわからない場合は、ブラウザのダウンロード履歴を調べるのが確実です。

関連コンテンツ

透過画像作成ツール
読み込んだ画像に透過色を設定してアルファチャンネル付きPNG画像にするツール。
セピア調画像作成ツール
読み込んだ画像をセピア調に加工するツール。